ロックウェル 安全成熟度指数ツール 機械設計の差別化支援

米・ロックウェル・オートメーションは、機械設計の安全をクラス最高レベルに高めるために、機械メーカー向けの安全成熟度指数(SMI)ツールを発売した。

同ツールは、機械メーカー向けのセルフガイド付きオンライン評価ツールで、産業安全の3本柱である三つの「C」(Culture=文化:行動、Compliance=規格準拠:手順、Capital=資産:技術)を指標としてパフォーマンスを測定する。

パフォーマンスは、3本柱それぞれについて、「コストの最小化」「法令順守」「オペレーターの安全」「顧客価値」の4つの範囲で評価。また、もっとも改善を要する面についての洞察も提供する。これにより、施設間の不一致を突き止め、他社と比較した自社評価を行うことができる。

業種、企業規模、地域を問わず利用可能で、同社が2013年にエンドユーザー向けに設計した安全成熟度指数ツールとも連携する。各社のプロファイルが他社の回答や結果と関連付けられることはなく、ツールで共有される情報は機密として扱われる。

同社では、メーカーが安全のベストプラクティスに従うことは、もっとも厳しい国際安全規格を採用している多国籍企業のコンプライアンスニーズを満たすことでもあり、さらに、各国の安全規格は国際規格に追従する傾向があるため、メーカーが製造物責任リスクを軽減し、自社製品の旧式化を防ぐのにも役立つとしている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG