河村電器 配線システム盤 住宅内情報機器すべて収納

河村電器産業(愛知県瀬戸市)は、住宅内で使用する情報機器をすべて収納できる「情報配線システム盤」を発売した。

マンションや戸建て住宅で使用される情報機器は年々多様化し、機器の無線化も進んでいることから、それらの収納機器に対するニーズが変化してきている。そこで、同社では無線電波を遮ることがなく、機器の設置・メンテナンスが簡単で収納容量が大きい情報配線システム盤を開発した。無線機器から光TV用機器までを納めることができる。

あらゆる無線機器に対応できるように樹脂製キャビネットを採用している。また、多種多様の機器に合わせるため、自由に固定ができるスライドパネルも採用。大型情報機器も収納できるようにキャビネットは大型化されており、外形寸法は縦400×横670×奥行き190ミリメートル。

搭載機器は、電話端子、TV分配器、ブースター、光成端箱、HUB、ルーター、HEMS機器など。

マンション用、戸建て住宅用、事業者用の各タイプが用意される。標準価格は1万5100-2万500円。オプションとして、マグネット用取り付けパネルスライドパネル、マジックテープが用意される。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG