富士通 IoT向けアドホック無線通信装置を発売

2017年5月24日

富士通は、920MHz帯無線を使い、BLEセンサー対応の無線通信装置としては国内で初めて、歩行移動しながらでも自律的にネットワークを構築できる機能を搭載したIoT向けアドホック無線通信装置「FUJITSU Network Edgiot(エジオット)AHシリーズ」と、「AHシリーズ」で収集したデータをクラウドへと中継するゲートウェイ装置「FUJITSU Network Edgiot GW1100」を開発。

これらの製品を、クラウド型のIoTデータ活用基盤サービス「FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform」を組み合わせたIoT向け無線システムとして、5月8日から提供を開始した。

販売価格は「AH1100」(親機)が3万5000円、「AH1200」(子機)が2万9000円、「GW1100」が3万8000円。「AHシリーズ」と「GW1100」を合わせ、今後3年間で10万台の販売を目指す。
 
「AHシリーズ」はスマートフォンほどの大きさで携帯性に優れ、2.4GHz帯などの他の免許不要な無線周波数帯と比較して、遮蔽物を回り込む電波特性に優れており、電波干渉も起こしにくい920MHz帯を利用。

また、装置同士が動作状態を常に監視し、故障などによってネットワークの一部で障害が生じた場合でも、自動的に迂回経路を見つけて通信を継続できるアドホック通信機能を備えており、安定した無線ネットワークでBLEセンサーからのデータを収集することができる。

モバイル通信を使わずにデータを収集することで、システム導入と通信にかかるコストを約35%削減。収集されたデータは「AHシリーズ」専用ゲートウェイ装置「GW1100」を介してクラウド型のIoTデータ活用基盤「K5 IoT Platform」へと蓄積されるため、トンネルや地下などの電波環境が悪い作業現場でも安定的にデータを収集し、目的に応じて利活用することが可能となっている。