NKKスイッチズ 千代田代理店会を開催 「変革・チャレンジ重要」

NKKスイッチズ(大橋智成社長)は、「千代田NKK2017年度上期特約代理店会議」を、東京ガーデンパレスで4月18日開催、16社から社長、幹部社員ら59人が参加した。

東京・神田地区の総代理店である千代田電子機器(三宅敬二社長)主催のこの会議では冒頭、千代田NKK会会長である日昭無線伊佐野勝利社長が、「国内外の政治は荒れ模様であるが、国内景気も起伏に富んだ状況である。これから変革とチャレンジで新しいものを見つけていく必要がある。代理店各社は、NKK、千代田が軸になりながら歴史ある関係を盛り立てていく使命がある」と挨拶した。

続いて大橋社長が挨拶に立ち「この会も60年という長い歴史を誇る。これからはノーチェンジ・ノーチャンスの気持ちで、われわれが変わっていくことが重要になってくる。これからも皆さんとwin-winの関係を続けていきたい。新年度の4月から新4カ年計画『Change100』をスタートさせた。品質、技術、グローバル化など、あらゆる面で本気になって変化していく。そのための新体制も整えており、ご支援をお願いしたい」と述べた。

その後、「VISTACSセール」の表彰式が行われ、A目標達成のエクセル、スズデン、B目標達成のクラウン無線、中央無線電機東亜無線電気、富久無線電機、富士電業の各社に賞状と報奨金が贈られた。

また、NKKスイッチズ木下正明日本販売担当執行責任者から今年度の販売方針が示された。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG