イグスが開発 チューブローラー 軽量で高耐久

2017年4月19日

イグス(東京都墨田区)は、ガイドローラーおよび搬送用ローラーとして使用可能なPVCチューブ組込み済みフランジベアリングを開発した。青色のPVCチューブの両端にステンレス製ボールが入った耐摩耗性フランジボールベアリングが備わった構造で、軽量設計・高耐久を実現している。 同製品は同社のポリマー製ボールベアリング「クシロス」のラインアップに新しい形状のチューブローラーを追加したもの。構成材質はすべてFDA準拠のため衛生的で、無潤滑かつメンテナンスフリーで作動する。 まずは外径50ミリと63ミリの2種類のサイズ展開となり、長さ100~1000ミリのものをドイツ在庫品として用意し、短納期を実現する。