サトー子会社が協業 インク不使用印字で

2017年4月19日

サトーホールディングスの子会社DataLaseとXeroxは、インクを必要としない新たな印字ソリューションのための協業契約を締結した。 DataLaseが開発した「Variprint」と呼ばれるソリューションに、XeroxのLIM(レーザーイメージングモジュール)を採用。さまざまな製品やパッケージに従来塗布されているコーティング剤にDataLaseの特許技術である感熱顔料を混ぜて同LIMで照射することで、コーティング剤が変色。インクを使わず、高解像度かつ高品質のデジタルプリントを実現する。 同LIMは一般のインクジェットによるデジタルプリンティングソリューションよりも高い解像度での印字が可能。…