オプテックス IoT向けスマートセンサ&データ提供ソリューションを提供開始

オプテックス (滋賀県大津市、上村透代表取締役社長)は、センサを起点に通信・データベースまでをパッケージ化したIoT向けスマートセンサ&データ提供ソリューション「オプテックス センサ コネクト」を5月から提供開始すると発表した。オプテックスのセンサから得られるデータとICTを活用し、サービス産業をはじめとするさまざまな業界に対し、業務の効率化や生産性向上、新しいビジネスモデル構築を提案していく方針。
通信手段はLPWA(省電力広域ネットワーク)や3G/LTE、Bluetoothほか、クラウドはアマゾンウェブサービスなどのパブリッククラウドを活用。例えば人感センサでは、自動ドアセンサで得られたマーケティング情報の提供や、不稼働資産(別荘、空家、未入居物件など)の管理・監視などの利用、物体検知センサでは、駐車場・コインパーキングの運営や、コインロッカーや宅配ボックスの稼働状況確認など、用途に適したアルゴリズムをエッジデバイスであるセンサに実装し、データをオートフィルタリングして、顧客に必要なセンサデータ(=スマートデータ)を提供するとしている。
 サービス料金は月額100円/台から(センサデバイス費用除く)。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG