安川電機が塗装ロボ 小型製品の作業に最適

安川電機は、産業用ロボットMOTOMANの塗装ロボットシリーズとして、小型製品の塗装に最適な塗装ロボット「MOTOMAN-MPX1150」を3月15日から販売開始した。価格はオープン。

軽量で容易な手入れ

新ロボットは、家電製品や自動車の樹脂成形部品、携帯電話やパソコンの金属部品などのさまざまな小型製品の塗装はもちろん、網塗り、スピンドル塗装、連続コンベヤーによる追従塗装など、さまざまな塗装が可能で、生産ラインのコンパクト化とコスト低減に貢献する。

ロボット表面の凹凸部を極限まで削減したスムーズで丸みを帯びたデザインにより、塗料ミストの蓄積を抑えロボットの手入れも簡単。

また、ロボット関節位置の最適化(S/L軸オフセットレス)により、ロボットを近接配置することが可能で、しかもコンパクトなレイアウトで塗装ブースを縮小できるため、ブース空調によるCO2排出、およびランニングコストの低減につながる。

設置も、床置き、壁掛け、天つり設置など全方向が可能で、ユーザーの生産スタイルに合わせた自在なレイアウトを構築できる。さらに、手首軸のモーメント・イナーシャ強化により、手首軸可搬質量は5キログラムを確保し、複数のガンや小型ベル塗装機などの搭載による高品質塗装にも対応可能。

そのほか、高機能ロボットコントローラDX200と組み合わせることで、吐出量・高電圧・エア条件などの塗装条件をロボットプログラムで直接制御することが可能、オプションで塗装エア盤も用意、などの特徴を有している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG