NO IMAGE

オムロン、NEC、富士通など9社 工場IoT化 無線技術を共同検証

情報通信研究機構(NICT)、オムロン、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、日本電気(NEC)、日本電気通信システム(NEC通信システム)、富士通、富士通関西中部ネットテック、サンリツオートメイション及び村田機械は、工場IoT化に向け、業界の垣根を超えて無線通信技術を稼働中の大手工場で検証し、多様な無線システムの協調制御・安定化を目指す。

NICTら7社は、これらの課題に取り組むため2015年6月から「Flexible Factory Project」を立ち上げ、現在まで検証を続けてきた。今回、ユーザーとなる工場にも協力関係を広げ、三菱重工工作機械の本社・栗東工場内やトヨタ自動車の堤工場及び高岡工場内で評価実験を実施。音、振動、温度、湿度、電流波形などの情報を取得するセンサーを生産設備に取り付け、複数のセンサーから取得した多様な情報を無線で送信した。

この結果、短期間で急速に無線設備の導入が進んでいるが、設備ごとに導入されていて、工場全体での無線設備を協調させた制御・管理が必要となること、大型モーターから発生するノイズが無線周波数帯に及んでいること、工場にある大型設備による遮蔽によって無線の通信品質が悪化すること、複数の設備が同時に動くラインでは、通信の衝突を避けるメカニズムにより、送信待ち時間が長くなり、受け手がデータを受信できるまでに時間がかかること、工場内で様々な無線システムが混在することにより、無線通信が不安定化するリスクがあることなどがわかった。

今後、この結果を踏まえて、工場で想定される設備ごとに独立した無線システムのシミュレーションを通じた不安定化のリスク評価や、安定した通信のための無線通信ソフトウェア構成の定義を行い、システムの構築及び実証実験を通して有用性の検証を進めることで、工場内のIoT化に向けた活動を更に推進していく。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

オートメーション新聞をはじめ、弊社が発行している産業用ロボットナビ、IoTナビ、制御盤ナビほか、お試し版のPDFを無料で差し上げます。ご希望の方は下記よりお問い合わせください

CTR IMG