大洋電機「IoT関連市場に攻勢」西村 浩 代表取締役社長

2016年12月期の売り上げは、前年度比8%増加し、利益も増加した。

国内のFA市場はいま、IoTやインダストリー4.0などに代表される新しいものづくりコンセプトに対応した取り組みの検討が始まっており、当社の得意とするネットワーク関連事業への追い風になっている。特に、トヨタ自動車がEtherCATをネットワークに採用するという方針を出したことで、EtherCATに関連した問い合わせが増加している。

工場のネットワークはイーサネット通信が主流になってきているが、当社ではインターフェイス系のオリジナル製品メーカーとして、そこをターゲットにしたパッチコードの販売に重点を置いて取り組んでいる。現在、FA-LANの産業用イーサネットパッチコードの細径(Φ4.8、5.1ミリ)、標準、固定用、可動用、微可動用、短距離、長距離など、用途に応じたタイプを幅広くラインアップしており、RJモジュラープラグも加工して提供している。

また、国内外でのロボット需要の拡大で、特徴あるロボットケーブルの引き合いも増えている。

一方、タイの現地法人は、タイの経済停滞もあり、売り上げは横ばいであるが、日本製品に対する引き合いは依然強い。現在バンコクの100キロメートル圏内での日系、ローカル企業中心の営業であるが、今後は300キロメートル圏への広がりも検討していきたい。

同時に日本メーカーでタイ市場へのアプローチができていない会社があれば、タイでの販売店として営業活動を行うことができるので、希望する会社があれば協力していきたい。

こうした施策で17年12月期は2桁増の売り上げを計画しているが、状況によっては大きく上振れする要素もあり、期待している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG