ワゴジャパン「多様な接続ニーズに対応」原田 秀人代表取締役社長

2017年1月11日

2016年12月期の売り上げは計画には達しなかったが、前年同期比微増となり、過去最高を更新することができた。17年12月期も同5%増と堅実な売り上げを目指していく。 今年の電設関係は良くなるものと見ている。オリンピックに絡んだ部分の配線関係は18年ぐらいになるが、建物関係が先に動き出し、照明制御のDALIなどの受注が見込める。インターコネクション製品のうち、16年から販売を始めた、撚(よ)り線も自由に接続可能なワンタッチコネクタ「WFR(221)シリーズ」が電設関係で好評を得ている。使用する場所に制約がなく、配線が簡単であることなど理由で、今年も展示会などを通じてアピールしながら、さらに多くの…