SEAJ 16~18年度需要予測 半導体製造装置 2兆円市場へ急拡大

スマートフォンやビッグデータ、IoTの隆盛を背景に、半導体製造装置市場が急拡大している。SEAJ(日本半導体製造装置協会)が発表した2016年度から18年度の需要予測によると、16年度の半導体製造装置とFPD製造装置の合計は1兆9805億円に達し、17年度には1兆9902億円まで拡大するとしている。2兆円産業に間も無く手が届くところまで来ている。

同予測は、SEAJが毎年行っているもので、16年度から18年度の3年間における、半導体製造装置の日本製装置と日本市場販売高、FPD製造装置の販売高の見通しを調査・公開している。

■1兆5000億円を超える半導体製造装置

半導体産業を取り巻く環境について、電子機器市場はPCの需要低迷、スマートフォンも成長がいったん鈍化しているが、サーバー、ストレージ関連の成長、スマートフォンの高機能化のほか、ビッグデータや自動運転、AIなど新しい成長の芽が育ってきている。世界半導体市場統計(WSTS)の秋季予測でも、DRAMの需要増大と価格底打ちによる急回復、NAND、ロジックも市場回復が見込まれ、半導体全体で17年は3.3%、18年も2.3%増の緩やかな成長を予測している。

半導体製造装置の需要は、16年度はファウンドリやロジックメーカーの投資再開、3DNAND向け投資の増加によって11.6%増の1兆4605億円と予測。17年度も堅調が続き、3.4%増の1兆5102億円、18年度には世界経済の安定成長を見込んで1.2%増の1兆5283億円に達すると見ている。

■73.7%増5200億円と急拡大の16年度のFPD製造装置

FPD産業は、数量ではスマートフォン、面積ではテレビが牽引。テレビは大型化・高精細化が進んで安定成長が続き、パネル価格もLCDラインの閉鎖やOLED(有機EL)ラインへの移行によって下げ止まりが解消。上昇傾向に転じている。パネルメーカーも今後、OLEDパネルやより高精細パネルに向かうと予想され、設備投資の増加が期待されている。

FPD製造装置の需要は、16年度は中国と台湾市場に加え、台湾と日本の投資が加わって73.7%増の5200億円を見込む。17年度は調整が入って7.7%減の4800億円、18年度も調整局面の影響で12.5%減の4200億円と予測している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG