東京計器「価値創造で事業領域拡大」脇 憲一 取締役社長

2017年1月11日

国内景気については、今年は海外経済の回復を背景に輸出や生産が持ち直しつつある中、緩やかな回復に向かうことを期待している。また、米国経済がインフラ投資や大型減税により拡大するなどから、世界経済は上向くと予測している。しかし、トランプ次期大統領のTPP離脱宣言などを機に保護主義が台頭すれば、貿易は停滞して国内景気が下押しされるリスクも懸念している。 このように内外の経済は不確実性が高まっていく中、今年は丁酉と呼ばれる「革命」の年でもある。「革命」といえばIoT、AIなど、次世代の先端技術による第4次産業革命が産業構造を大きく変えようとしている。弊社は引き続き「既存事業の強化」で稼ぐ力を高めながら、…