ソフトサーボシステムズ「世界最高をソフトで提供」梁 富好 代表取締役社長

2016年はターニングポイントとなる1年だった。当社のソフトモーション技術は、PLCとは異なり、PCとソフトウェアだけで高速・高精度な多軸のモーションコントロールを含めたあらゆる制御を実現する。IoT、I4といった潮流の中でソフトウェアの価値が再発見され、日本でもPC制御に対する拒否感が無くなり、引き合いが目に見えて増えてきたことを実感した1年だった。

17年は用途ごとに提供していた製品を「WMX2」に統合する。新たに産業用ロボットであれば何でもコントロールできる「ロボットパッケージ」や、国際標準PLC言語IEC61131-3準拠の「PLCパッケージ」など用途にあわせて提供していく。独自のコントローラを開発したいハイエンドユーザー向けには自由に機能拡張できる「リアルタイムSDKパッケージ」を提供する。 すでにEMSとして世界最大クラスの企業で評価が始まっている。

評価された点は大手半導体メーカーでの実績と、複雑化する産業用コントローラとして、「1台のPCで全ての制御が可能」になる点だ。特に複合製造装置においてはロボット自体が部品として複数同時に使われ始めている。

画像処理、I/O制御、ロボット制御、モーター制御全てを同期させ、精密かつ安定的に稼働させられる統合コントローラが求められている。当社はソフトウェアでそれを全て実現している。

今後IoTが進展するにつれて、産業用PCがIoT機器としてものづくりの中心を担うと考えている。パートナー企業の力も借りながらハードに依存しない、「究極のオープンなプラットフォーム」、言い換えるとIoT向け「世界最高のコンテンツ」としてソフトモーションで革命を起こしていきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG