パナソニックデバイスSUNX セーフティライトカーテン発売 小型、堅牢で新タイプ

パナソニックデバイスSUNXは、デジタル表示灯で使いやすい小型、堅牢のセーフティライトカーテン「SF4Dシリーズ」を発売した。

これは、最小検出物体に応じて光軸ピッチが10、20、40ミリメートルのタイプから選択できる。標準タイプから国内プレス機械・シャー対応タイプまで幅広いラインアップにより、さまざまなシーンで使える同社セーフティライトカーテンの標準モデル。
徹底したダウンサイジングにより、内部ユニットを従来機に比べて体積比で60%以上小型化するとともにケース構造を最適化し、同社従来機と同じ外形寸法(幅28×奥行き30ミリメートル)で高い剛性を確保している。
また、素子の投光パワーが大幅に向上、独自の素子整列技術により実装バラツキを極少化し、さらに投光エネルギーを最大限に生かした配光特性、そのすべてを合わせ持つ「ハイパワー新光学系」を開発、ホコリ、汚れに強く、保守・メンテナンス間隔の長期化を実現した。
そのほか、①入光余裕度が数値で確認できる「デジタル表示灯」②取り付け作業や状態確認に役立つ「アプリ表示灯」③用途に合わせて選択できる配線モード-などの特徴がある。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG