エコーネットコンソー シアムがシンポジウム ECHONET Lite 普及の第2ステージへ

2016年12月14日

エコーネットコンソーシアム(白石健司代表理事)は12月7日、東京・芝浦で「ECHONET Lite普及促進シンポジウム」を開催。約100人が参加した。ECHONET Liteは、経済産業省のスマートハウス標準化検討会で、ホームネットワークにおける公的な標準インターフェースとして推奨され、国際標準化もされた日本発の通信規格。HEMSやBEMS、ZEH(ゼロエネルギーハウス)実現に向け、家電各社やハウスメーカーなどが推進している。 シンポジウムでは経産省情報経済課の佐野究一郎課長、住宅生産団体連合会の吉田元紀氏、神奈川工科大学の一色正男教授らがHEMSやIoT住宅の取り組みと現状を解説。ECHON…