チノー 創立80周年記念でテクニカルフェア開催

チノーは創立80周年を記念して12月1日、2日の両日、サンシャインシティ(東京都豊島区)にて「チノー・テクニカルフェア2016」を開催した。
イベントでは東京理科大学の藤島昭学長が「光触媒反応が生み出す新しいグリーン環境社会」と題し記念講演会を、産業技術総合研究所の山田善朗主席研究員が「金属・炭素系高温定点が高温計測を変える」をテーマとした技術講演会を行った。
両日とも最新技術の紹介を交えた展示を実施。同社の80年の歴史を支えた名品をはじめ、農業分野で新技術として期待されているプラントモニタによる栽培環境の最適化技術や、水素センサなどの水素関連製品・技術の、IoT技術を搭載したワイヤレス温度センサや、温度の基準を作る標準温度計、温度可変黒体炉などの校正装置が紹介され、多くの来場者の関心を集めた。
また、新技術発表会では水素社会に向けたチノーの役割、高度化する熱処理に貢献する制御システム、IoTに貢献するワイヤレスセンサシステムなどこれからの計測・制御・監視に関する最新技術が紹介された。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG