日本電気計測器工業会 中期需要見通しを発表 年平均1.1%で伸長 20年度に8362億円に

2016年12月6日

日本電気計測器工業会(JEMIMA、小野木聖二会長)は、海外拠点売り上げも含む2016〜20年度の電気計測器の中期需要見通しを発表した。16年度は前年比2.3%増の7992億円で、以降年平均成長率1.1%で伸長を続け、20年度には8362億円に達する見込みだ。また、海外拠点売り上げを除く、国内と輸出の合わせた売り上げは16年度5816億円で、20年度には6023億円になると予想している。 電気測定器とPA計測制御機器が牽引 海外拠点売り上げも含む15年度の実績は、前年度比4.6%増の7809億円。海外拠点売り上げが、中国などの新興国を中心とした経済減速などで同1.9%減の2119億円となったが…