ダイヘン 銅合金3D積層造形技術を確立 世界初

2016年11月30日

ダイヘンは地方独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所との共同研究により、世界で初めて金属3Dプリンタを使用した銅合金3D積層造形技術を確立した。 銅が持つ優れた導電性・熱伝導性を活かした3D積層造形の実用化により、少量多品種生産への対応や開発プロセスの大幅な短縮化が実現できる他、従来の加工法では不可能とされていた複雑な造形物活用による最高品質・高付加価値な製品開発の可能性を高めることで、航空宇宙、自動車、医療分野などのあらゆる産業での、モノづくりの技術革新が期待できる。 鋳造や切削では困難な形状が一体構造で製造可能。中空構造部材の内部精密加工など、従来の加工法では実現できない構造の造形ができ、…