B&Rインダストリアルオートメーション サーボ・アクチュエータ「ACOPOSmotor」 セーフティ機能を内蔵

 

B&Rインダストリアルオートメーションは、コンパクトなACOPOSmotorサーボ・アクチュエータに、ネットワーク・ベースのセーフティ機能を統合し販売を始めた。これにより、 最新のセーフティ・ソリューションを最小のスペースで実装できる。
また、ACOPOSmotorのセーフティ機能が、SIL3/PL e/Cat 4まで認証され、グレードアップが可能になる。しかも、ACOPOSmotorユニットはファンレス設計とオイルシールにより、IP65準拠の防塵・防水構造となっている。 配線数もデイジーチェーンによって必要なケーブルを大幅に削減可能。
さらに、また、電気系統が直接モーター経由で冷却されることで、ユニットを非常にコンパクトにできる。
エンコーダ・システムは、同社のEnDat 2.2インターフェース付属のセーフティ・エンコーダを使用しており、耐干渉性があり、高精度な制御が実現でき、それぞれのエンコーダは据付ガイドラインに沿ってチェックされ、エンコーダとモーター・シャフトの接続エラーも防止できる。

http://www.br-automation.com/ja/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG