東芝は、デルテクノロジーズと共同で、インダストリー・インターネット・コンソーシアム(IIC)のディープラーニング(深層学習)を活用したIoTのテストベッド「ディープラーニング・ファクトリ」として、初めて承認された。

今後、東芝のスマートコミュニティセンター(川崎市)で、ビル施設内の各種センサーデータを活用して、設備・機器やオフィス管理を対象としたディープラーニングプラットフォームの検証を、2017年9月まで実施する。
テストベッドでは、IoTプラットフォームにおけるディープラーニングの有用性の検証とベストプラクティスの構築し、ディープラーニングを活用することで、各種センサーを含む監視機器のメンテナンスを最適化し、メンテナンスコストの削減、機器の稼働率向上の実現を目指す。
東芝は、ビルや工場などの施設における効率的な設備・機器の管理や制御を実現するため、長年、画像・音声などの分野で培ってきたディープラーニング技術・ノウハウを本テストベッドに適用。東芝のスマートコミュニティセンターにおいて蓄積した、ビル管理システム、空調機器、セキュリティゲートなどから得られる多様な情報をビッグデータとして活用していく。
また、今後さまざまなパートナーと共創し、病院、ホテル、ショッピングモール、工場、空港などの大規模設備のニーズに応えていくことを目指す。

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る