三菱電機 C言語コントローラ拡充 「データ自動収集」など20種

2016年9月14日

三菱電機は、MELSECⅰQ-RシリーズC言語コントローラとして、エッジコンピューティング支援ソフトウエアを搭載した「データ自動収集」8機種、「SECS/GEM通信」12機種を1日から発売した。価格はオープンで、年間販売目標は「データ自動収集」が400台、「SECS/GEM通信」が600台。 ■エッジコンピューティングを支援 データ自動収集ソフト搭載機種は、製造データの自動収集と管理・分析・活用により、ものづくり全体の最適化を支援。 C言語コントローラ上で各種製造データを自動収集し、データの1次処理を実行するとともに、各種製造データをリアルタイムに分析し、生産現場へフィードバックすることで、設…