新愛知電機 コントローラ内蔵 電源切り替え開閉器 世界最小クラス開発

2016年8月31日

新愛知電機製作所(愛知県小牧市、粟田泰史代表取締役社長)は、コントローラを内蔵した世界最小クラスの電源切り替え開閉器「CMAC-C」を開発、近日発売する。 エネルギーマネジメントシステムが工場、ビル、住宅などに広がる中、太陽光発電、自家発電機、夜間電力、家庭用蓄電池向けに電源切り替え開閉器が使われている。新製品は、住宅用分電盤に搭載できるように世界最小クラスの小型化を実現した。3極タイプのサイズは、幅166×高さ170×奥行き60ミリ。 コントローラを内蔵、リレー、タイマーも内蔵したことにより、配線スペース、接続工数が削減できる。主回路配線を接続するだけで使用が可能で、内蔵のタイマーにより電源…