ロジテック 堅牢タブレットPC開発 産業向け タッチ操作可能

ロジテックINAソリュージョンズ(長野県伊那市、葉田順治代表取締役社長)は、9.7インチスクエアタイプの産業・業務用向け堅牢タブレットPC「LT-RT1090」を開発、8月4日に発売した。

同製品は過酷な環境にも導入できる耐衝撃・防塵防滴設計で、タッチ操作が可能なため、工場内端末、オペレータ向け端末などさまざまな用途に利用できる。米軍国防省の軍用規格「MIL-STD-810G」に準拠した耐衝撃落下試験(1.2メートル・非動作)にも合格し、VESA規格取り付け穴があるので、広く流通している固定部品を用いて、固定や設置が簡単に行える。

対応OSは「Windows8.1 Industry Pro(OS販売期間2028年4月30日まで)」および、「Windows7 Professional for EmbeddedSystem(同2024年9月30日まで)」、画面サイズもワイドタイプではなく、スクエアタイプのため、現行システムのハードウエアのみの入れ替えや新システムの移行など、幅広く利用できる仕様にしている。タブレット本体も2021年まで供給することを明言しているほか、顧客要望にあわせたカスタマイズや、HDDマスタ作成、用途に応じた設定後の出荷にも対応するなど、産業用途に適した仕様と対応になっている。

同社が所属するエレコムグループはエンベデット事業(組み込み機器)に注力しており、ハギワラソリューションズ、日本データシステムとあわせ、3社合計の売り上げ計画は今年度約90億円(前年度比30%増)を見込んでいる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG