横河電機 共焦点スキャナ開発 超解像顕微鏡に進出

横河電機は、光学顕微鏡と組み合わせて、細胞小器官など微細な細胞内構造体の動態観察が行える超解像共焦点スキャナユニット「CSU-SR」を開発し、今年9月から発売を予定している。価格は1400万円から。2016年度10台、17年度20台の販売を計画。

新たに開発したスキャナユニットは、フルフレームで毎秒200コマという超解像顕微鏡向け共焦点スキャナとしては最高速の走査性能を実現。これにより、生きた細胞の反応などの高速な動作を超解像で観察できる。

また、多数の弱いレーザビームを試料に照射して並行してスキャニングすることで細胞に与えるダメージが少ないという「CSUシリーズ」の特長も有し、生きた細胞の長時間観察に適している。

さらに、超解像顕微鏡のなかには、専用の光源(レーザ)、特殊な蛍光試薬、および特殊な試料作製が要求されるものもあるが、同製品は試薬や光源の制約なく超解像観察を実現でき、蛍光顕微鏡を使用する際と同じ方法で試料を準備することができる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG