パテント・リザルト 工場管理のIoT関連技術の特許総合力を公表 トップは日立 2位 オムロン 3位 新日鉄住金

2016年7月6日

特許分析ソフトウエアや技術力評価指標の開発・販売を行うパテント・リザルト(東京都台東区、白山隆代表取締役社長)は、工場管理のIoT関連技術の特許総合力のトップ3を公表した。1位は日立製作所、2位はオムロン、3位は新日鉄住金。 同社は、「工場管理のIoT関連技術」全般について関連特許3873件を調査し、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースに、特許の質と量から総合評価を実施。その結果、特許総合力ランキングは、1位が日立製作所、2位がオムロン、3位が新日鉄住金となった。 1位の日立製作所の注目度の高い特許は、「家電製品などの部品組立工場における、組み立て作業不良の起こりやすさを事前…