セイコーエプソン 6軸ロボ・スカラロボ用オプション 力覚センサーを商品化

2016年6月29日

セイコーエプソンは自社製「6軸ロボット・スカラロボット」のオプション、力覚センサー「S250シリーズ」を商品化、6月上旬より世界各地域で順次販売を開始した。 このセンサーは、同社の得意とするセンシング技術を駆使した水晶圧電方式を採用。高剛性・高感度という特長を生かし、ロボットの先端における6軸方向のわずかな力・モーメントを検出でき、従来製造現場で困難だった、高精度な作業の自動化を実現、生産性の向上に貢献ができる。 自社製ロボットと連携用コマンドも用意し、センサーを簡単に導入可能。 0.1Nというわずかな力を感じられるため、従来のロボットではできなかった繊細な部品の組み立てや、結合部の隙間が少な…