ジャパンユニックスのはんだ付技術基礎知識(7)

2016年6月29日

■レーザー照射とはんだ供給だけで物理的負荷をかけない 【進化・発展する新はんだ付技術 “レーザー” (後編)】 ■ピンポイント加熱で超微細部品や高密度実装に最適「レーザーはんだ付」 ■ 温度が高すぎても低すぎても下がる強度・信頼性 はんだは温度条件によりその組成の状態が変わるため、適正な温度ではんだ付をしないと十分な強度・信頼性が実現できません。例えば、適正温度ではんだ付された場合、はんだの内部組成は加熱する前とほとんど変わりません。しかし、過剰加熱した場合、組成変化により強度も信頼性も下がってしまいます。 またフラックスは、流動性が温度によって変わります。例えば適正温度で加熱した場合、初めに…