三菱電機 神戸に制御盤の新工場 交通・電力システム向け強化

2016年6月29日

三菱電機は、交通システム分野や電力システム分野の各種制御盤の増産体制構築のため、神戸地区(兵庫県神戸市)構内に建設していた制御盤新工場が竣工した。6月から稼働を開始しており、2020年までに同地区での売上高30%増を目指す。 列車への電力安定供給、再生可能エネルギー普及による電力系統安定化、スマートグリッド対応等により制御盤需要が拡大するなか、同社は生産、試験スペースを拡充して対応する。新工場は、延床面積2万3368平方メートルの鉄骨6階建。交通や電力システム分野の各種制御盤を中心に、電圧・周波数を制御し需要家に最適な電力供給を行う電源装置、変電所において、天候の影響を受ける風力や太陽光発電等…