不連続戦線に異状なし 黒川想介 (46)

2016年6月8日

■顧客の「全方位」を知る 安定成熟から次の段階に 部品や機器商品の営業マンは昨今では多くの顧客を担当している。担当している顧客の全てに積極的な営業活動をしているわけではない。長いこと営業を経験している営業マンは本来、顧客の全方位を嗅ぎ分ける嗅覚が身についてくる。その結果、軽重をもって営業活動をするようになる。昨今の営業マンの活動は今日の売り上げに偏重するきらいがあるせいか、顧客の全方位を嗅ぎ分ける能力が育ってないように見える。 かつて、現在のように売り上げに関してリピートが大量に発生せず、顧客から出てくる案件の打ち合わせがそれ程多くなかった頃に、営業マンは今日の売り上げに汗を流しながらも来月、…