マイクロテック・ラボラトリー 超小型DDモータ開発 ロボット用途に期待

ロータリーエンコーダで有名なマイクロテック・ラボラトリー(相模原市南区、小山保夫代表取締役)は、エンコーダを内蔵した小型・ハイパフォーマンス次世代型サーボモータ「μDDモータシリーズ」を開発、量産準備を始めた。

同製品は高性能エンコーダを搭載し、ダイレクトに最大で分解能1arc-sec(1/3600度)での微細位置決めが可能。また、高性能磁石と高密度巻線技術により、高トルクを実現しながら、モータ・エンコーダの一体化設計により、小型化(最小で胴径φ21ミリ、胴長32ミリ)を達成、さらに高剛性軸受けの採用により、ダイレクトに高荷重を負うことができる。また、中空軸構造も可能で、顧客ニーズに即して、カスタマイズ設計で対応できる。減速器無しで微細送りや高精度位置決めができるため、小型割出テーブルや、ロボットアーム・ハンド駆動などに適している。

ロボットアーム・ハンド用途の場合、中空軸構造が可能なことを生かし、電源などの配線を中空部分に通すことができるため、設計自由度が高くなる。また、減速器を使わずに高トルク出力が可能なため、協調ロボットに搭載した場合、モータにかかる負荷のモニタリングがしやすくなり、別途センサを付けずともトルク管理がしやすい。設定値を超える負荷がかかった際に停止するなどの安全対策や、一定トルクでの押し付けなどの用途でも活用が期待される。また。無負荷の状態でも人の手で簡単に動かせるため、ティーチングがしやすいなど、メリットが非常に大きい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG