三菱電機 2016年3月期連結決算 FAシステム事業が牽引

2016年5月18日

三菱電機の2016年3月期連結決算は、産業メカトロニクス、家庭電器などは売り上げ、利益共に伸長したものの電子デバイス部門が減少した結果、売上高が4兆3943億円(前期比1.6%増)、営業利益3011億円(同5.2%減)、税引前当期純利益3184億円(同1.4%減)となった。 17年3月期見通しは、売上高4兆2800億円(同2.6%減)、営業利益2600億円(同13.7%減)、税引前純利益2800億円(同12.1%減)としている。 このうち産業メカトロニクスは売上高1兆3219億円(同3%増)、営業利益は部門別トップの1591億円となっている。 FAシステム事業は、中国を中心とした新興国での設備…