不連続戦線に異状なし 黒川想介 (39)

2016年2月24日

■上下の欲を同じくする横との関係が難しい日本 孫子の兵法書に「勝と知るに五有り」とある。前回までに「もって戦うべきと、もって戦うべからざるとを知る者は勝つ」と「衆寡の用を知る者は勝つ」の2項に関して考察してきた。3項目は「上下の欲を同じくする者は勝つ」である。これを直訳すると、上下が一心同体になり、同じことを欲すれば勝利するということになる。会社であれば、社長と社員、営業所であれば所長と所員であり、課であれば課長と課員というように、1チームのリーダーとメンバーの目標とするところが一心同体のように同じであれば、その目標は達成するということなのだ。 これも至極もっともなことである。しかし一心同体の…