日立グループ 次世代型産業用コントローラを共同開発 「オープン・高性能・シンプル」追求

2016年2月10日

日立グループでは、2015年5月に「インダストリアルプロダクツ社」を設立し、産業機器事業のグローバル競争力を強化するとともに、オープンイノベーションを通じてIoT分野における事業拡大に注力している。昨年12月に開催されたシステムコントロールフェア2015では、「日立製作所」「日立産機システム」「日立産業制御ソリューションズ」が共同開発した次世代型産業用コントローラが発表され、来場者の注目を集めた。そこで、日立産業制御・情報制御機器開発部高谷壮一担当部長に話を聞いた。 -次世代型産業用コントローラとは? オープン化、高性能化、シンプル化を徹底追求し、リアルタイム制御が可能なコントローラで、国際標…