富士電機 鉄道車両用ドア開閉装置 加のメーカー買収 20年度に売上高4倍へ

2016年2月10日

富士電機の米・子会社、富士電機アメリカ社は、カナダの鉄道車両用ドア開閉装置メーカー、シーメックエレクトロニック(SEMEC)社の株式51%を取得し買収する。北米での鉄道車両事業の拡大が狙い。買収後は社名を「フジSEMEC社」に変更する。 SEMECは、1991年設立で、鉄道車両用ドア開閉装置の専業メーカーとして、開発から製造、販売まで一貫して行っている。従業員数33人。 今回の買収で、SEMECのドア開閉装置に富士電機の設計・生産技術力を付加し、製品力を強化するとともに、同社がニューヨークに構える製造子会社を活用することで、バイ・アメリカン法(ないしはニューヨーク州における同様の法令)の、同国…