図研 「電装・制御設計の大改革」 早乙女幸一オートモーティブ&マシナリー事業部長

2016年1月20日

2010年、機械CADやExcelベースで設計されていた電装・制御系の配線設計に対し、電気制御設計CAD「E3シリーズ」で本格参入し、不可能と言われていた電気制御設計の効率化と自動化に取り組み始めた。 それから導入社数とライセンス数が年平均20%超で伸長し、13年から14年は金額ベースで1・5倍。15年も順調に拡大している。 その背景には、インダストリー4.0やスマートファクトリーなど産業機械の高機能化、および顧客個別カスタム対応要求の増加に伴う設計の複雑化が挙げられる。 日本の技術者は非常に優秀で、機械CADやExcelなどのツールをその機能以上に使いこなし、電気制御系の複雑な配線設計や個別…