多摩川精機 「長期視点で航空機に注力」 関重夫代表取締役社長

多摩川精機 関 重夫代表取締役社長
多摩川精機 関 重夫代表取締役社長
当社の2015年度は、特に民間航空機関連事業が大きな伸びを示した。ロボット向けサーボモータは、中国市場などを中心に好調に推移、これにハイブリッド車向けモータ角度センサも加わって、重点的に取り組んだそれぞれの事業は、一定の成果を収めることができた。市況としては、昨年中国の景気減速が騒がれたが、14年春ごろから変調は見えていた。

市場が巨大であることは紛れもない事実であるが、頼りすぎて国内企業の力が落ちてしまってはいけない。製造力を鍛え直して強くする良い機会だと感じている。

ただし、鍛え直すための投資対象を明確にする必要がある。国内では金融緩和が続き銀行の資金は潤沢なはずなので、政府はもっと投資の方向性を明示してほしい。

当社は、民間航空機関連事業に集中しているが、この市場は開発計画が集中しているここ数年が重要な時期になる。そこで昨年11月には民間航空機事業本部を立ち上げた。「技術開発」「製造」「営業」を1カ所に集約し、独立した事業部体制で、トップの迅速な判断と行動のもと、事業の拡大を狙いたい。

航空機分野は品質基準や参入障壁が高いが、ライフサイクルも長く、20年後には市場規模も2倍になるといわれている。MRJや、ホンダジェットなどにも当社製品が多数採用されており、今のがんばりで近い将来には、50~70億円規模の事業に育て上げたい。

また、昨年は宇宙分野でも、衛星「あかつき」の金星軌道への再投入成功や、「はやぶさ2号」の地球の重力を利用したスイングバイの成功など明るいニュースがあった。

これらにも当社製品が搭載されており、高い信頼性を証明することができたと実感している。今後も長期的な視点での投資を行い、強みを磨き、雇用確保を含め地域社会に貢献していきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG