デンソーウェーブ 「生産性向上と流通の革新」 柵木充彦代表取締役社長

2016年1月20日

当社は「自動認識」「産業用ロボット」「産業用コントローラ」の3分野を中心に事業展開し、生産性向上、流通の革新に寄与している。昨年後半は中国の景気減速などの不安定要因はあったものの、自動車業界、電機・電子機器業界向けを中心に売り上げが堅調に推移した。今年も自動化ニーズは高いと見ている。 経済成長の著しい新興国においても、「ロボットを使った自動化にはシステム化が重要な役割を担う」ということがしっかりと理解され始めており、システムメーカーとしっかり手を携え、ニーズに応えていきたい。 また、昨年11月発表した「人との協働」「簡単インテグレーション」「卓上アプリケーションに適した性能」をコンセプトとした…