本多通信工業 「Sproutで積極展開」 佐谷紳一郎代表取締役社長

本多通信工業 佐谷 紳一郎代表取締役社長
本多通信工業 佐谷 紳一郎代表取締役社長
2013年度から3カ年の中期経営計画「DD15」と重なる形で、中計の第3弾「GC20」を15年秋からスタートさせている。17年度までのSeason1と20年度までのSeason2の前後半二つに分け、最終年度には、売上高250億円、利益率10%、ROE13%αの達成を計画しているが、16年3月期は売上高177億円、経常利益15億3000万円を目指している。

今年は、昨年まいた種から新芽を息吹かそうと「Sprout」の合言葉のもと“新芽を出す年”と位置づけ取り組んでいく。

業界展望として、車載と情報システムが10%以上、業務民生が5~10%、FAと通信が横ばい~5%ぐらいの伸長と見ており、当社としては「ADAS(先進運転支援システム)」「8K」「IoT」「クラウド」をキーワードに取り組みを強める。

車載では、ADASファミリーの小型・防水中継コネクタの量産を3月から開始するとともに、タイの販売会社開業とラオスでのテスト生産も始める。また、8Kの超高画質伝送を実現するGI-POF(次世代高速プラスチックファイバー)の事業化も進める。

さらに、業務用コネクタの取り組み体制強化に向けて、本社設計部門の一部を安曇野工場へ移管し、製造部門との一体化を1月から行う。製品の特徴に加え、少量短納期、カスタマイズ化、ハーネス対応などのサービスを融合させて、顧客価値の向上を図る。

このほど完成した安曇野物流ハブでは、4月から1週間デリバリー品種を倍増の1000に拡大するほか、中国・深工場は1月から中国ローカル市場向けの拠点に変更した。そのほか、女性社員躍進プロジェクトのスタートや、社外への発信へホームページの刷新も行う。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG