国際電業 「顧客と近い関係を構築」 古川長武代表取締役社長

2016年1月13日

昨年は、2015年度から17年度までの中期3カ年計画がスタートしたが、営業、製造面での強化策などが功を奏し、15年度売上高は前年度比で十数%は伸びそうだ。今年は表面上の数字だけでなく、会社の中身も充実させ、顧客との時間、距離を縮められるようまい進していく。 15年度は空調ダクト業界が設備の更新需要で好調となり、その業界向けのプラズマ切断機が伸び、立体駐車場向け安全装置も堅調に推移した。 さらにソレノイドの価格改定前の駆け込み需要があり、医療機器、工作機械業界向けも好調で、売上高が大幅に伸びる見込み。 中期3カ年計画では、海外でも通用する商標になるように、ロゴマークを改定し、中国を中心とする海外…