リタール 「加工センター設置を計画」 ローター・シュネレ代表取締役社長

2016年1月20日

昨年の国内景気は、中国景気の減速もあり足踏みしたが、2016年はアベノミクスによる好循環の継続を背景に緩やかな回復基調を予測する声が多い。当社の15年12月期売り上げは、引き続き堅調なプラント系需要などに支えられ前年比増となった。産業界ではIoTやインダストリー4.0(I4.0)といったキーワードに多くの注目が集まった。 当社では昨年末、ドイツ本社のグループ企業であるキースリング社を母体として「リタールオートメーションシステムズ社」を設立した。同社は筐体用の切削・全自動配線加工機などを主力としているが、13年から当社の属するフリードヘルムローグループの一翼を担っている。この設立によりI4.0を…