CKD 「医薬・車・ロボットに期待」 梶本一典代表取締役社長

CKD 梶本一典代表取締役社長_
CKD 梶本 一典代表取締役社長
2015年度は下期に向けて自動車、医療・医薬業種向けが堅調に推移することが見込まれ、新型のスマートフォン向け設備投資、それに伴う半導体・中国でのFPD設備の高いレベルでの投資から、3期連続の増収・増益を予想している。

製品別では、特に空気圧機器の主力商品である電磁弁4Gシリーズで信頼性向上(耐久回数1億回)・環境性能向上(消費電力0.1W)とIoTのネットワーク対応を実現すべくリニューアルし、高い評価を得られた。今後もセンサー機器の開発・提供、通信機能を搭載した機器製品の拡充を継続しニーズに対応していく。

また、昨年は空気圧を利用した重量物搬送の助力装置であるパワフルアームを市場投入。労働環境の改善に貢献する商品として好評だった。昨年発行を開始したCKD技報も、専門性に深く踏み込んでいる点などが評価され、今年早々にVol.2を発行した。

今年の国内市場は後発薬の普及が見込まれる「医薬」、環境対応や自動運転技術の普及に伴い需要の高まる「カーエレクトロニクス部品」、人手不足を補う「ロボット」による自動化に期待する。海外も、中国をはじめとする東アジア・東南アジアでの人件費高騰や要求品質の厳格化で自動化ニーズが高まっており、機器需要は堅調と見ている。製品別には食品安全規格FSSC22000対応製品の拡販を強化、ダイレクトドライブモーターに加え電動アクチュエーターのバリエーションを増やし市場のニーズに応える。中国工場ではFPD製造設備向け機器製品の生産機種を増やし、自動車メーカー・部品メーカーの進出が活発なメキシコでは営業拠点の活動を本格化するなど、ユーザーへのサポート機能強化も進め、商品・販売・生産のGLOBAL化を推進していく。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG