CKD 「医薬・車・ロボットに期待」 梶本一典代表取締役社長

2016年1月13日

2015年度は下期に向けて自動車、医療・医薬業種向けが堅調に推移することが見込まれ、新型のスマートフォン向け設備投資、それに伴う半導体・中国でのFPD設備の高いレベルでの投資から、3期連続の増収・増益を予想している。 製品別では、特に空気圧機器の主力商品である電磁弁4Gシリーズで信頼性向上(耐久回数1億回)・環境性能向上(消費電力0.1W)とIoTのネットワーク対応を実現すべくリニューアルし、高い評価を得られた。今後もセンサー機器の開発・提供、通信機能を搭載した機器製品の拡充を継続しニーズに対応していく。 また、昨年は空気圧を利用した重量物搬送の助力装置であるパワフルアームを市場投入。労働環境…