WashiON共立継器 「直流機器の定着化へ邁進」 宮川昭二取締役会長

WashiON共立継器 宮川 昭二取締役会長
WashiON共立継器 宮川 昭二取締役会長
当社は、社会インフラに関連する電源切換開閉機器、高圧真空電磁接触器、直流電磁接触器、端子台、各種継電器、電動車両関連機器、太陽光(PV)関連機器を製造販売している。

2015年9月期の売り上げは順調であった。鉄道車両向けとPV関連が順調に伸びたのが要因である。PVは伸び率が鈍っているものの堅調に推移しており、また高速電源切換装置もコンスタントに売り上げにつながっている。

16年9月期も20%増の売り上げ計画でスタートしている。営業面では、国内に加えアジアを中心に海外市場の強化を進めている。

製造面の強化に向けて、直流機器試験用のバッテリ装置を本社工場と千曲工場の2カ所に導入している。千曲工場では、最大350個の12V120Ahのバッテリをつないだ試験が可能で、これだけの試験設備を持っているところは少なく、他社からも実験用に利用してもらっている。

また、交流機器試験用としては新たに両工場に250KVAのモータージェネレーターを導入した。今年はさらに、UPS(無停電電源装置)の試験装置も入れ替える予定である。

昨今、PVやバッテリ、鉄道車両などをはじめとして、直流機器の普及が急速に進みつつある。当社は直流機器の技術と品ぞろえで、顧客から高い評価をいただいているのが大きな強みとなっている。直流は交流に比べ、接点のアーク処理に高い技術力を求められる難しさがあるが、電力を効率的に使えることから、さらに技術力を磨き、このアドバンテージを維持し、引き続き努力していきたい。

当社の直流機器製品が、日本の直流時代を支えるうえで大きな役割を果たすことを期待している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG