ロックウェルオートメーションジャパン 「つながる提案で価値創出」 原澤泰之代表取締役社長

ロックウェルオートメーションジャパン 原澤 泰之代表取締役社長
ロックウェルオートメーションジャパン 原澤 泰之代表取締役社長
2015年9月期の売り上げは、前半は前期比11%増と好調であったが、後半にブレーキがかかった。大きな要因は中国の景気減速を始めとした新興国市場の停滞である。また、原油価格の下落でシェールガスの掘削投資が模様眺めであり、コンプレッサなどの制御機器需要に影響を与えている。自動車、タイヤなどの設備投資は拡大しているが、円安にもかかわらず日本メーカーが失注することが増えているのも影響が大きい。

16年9月期も前半は厳しいと見てスタートしているが、通期では7%増の売り上げを見込んでいる。米国で大型の自動車が売れていることや第2Qからはパワートレインビジネスの拡大が見込まれるほか、米の電気自動車メーカーの関連投資が今後継続した形で出てくる。そのほか、タイヤメーカーの投資継続、日本の食品メーカーのグローバル生産への取り組み開始や、EPCはオイル・ガスに加え、ケミカルのプロジェクトも見込める。いずれも海外市場をグローバルでサポートできる当社の強みは、お客さまの安心した購買につながっている。

製造業では、IoTへの関心が急速に高まっているが、当社では15年ぐらい前から取り組みを行い、「コネクテッドエンタープライズ」として、新たな価値創出に向けて、人、プロセス、テクノロジを結び付けた提案を行っている。運用技術(OT)と情報技術(IT)の両面を融合し、今まで別々であったものをワンソリューションで実現できる。IoT実現にはパートナーシップが重要であり、当社では「エンコンパスプログラム」として、約130社とパートナーシップを組み、浸透を図っている。

新製品として、ネットワーク化したMCCやインバータ、セーフティ対応の小型PLCなどを発売する。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG