日立パワーソリューションズと トライエンジ ロボットFSWを開発 複雑な曲面や薄肉接合も

日立パワーソリューションズ(浦瀬賢治社長)と、トライエンジニアリング(片山誠二社長)は、接合品質に優れた摩擦攪拌接合(FSW)を行うロボットFSWを共同開発した。今後、自動車関連メーカーやアルミ製品メーカーなどの自動生産ラインへの導入を目指す。

複雑な形状や曲面への対応が求められるアルミ材の接合で、これまでの溶融溶接や抵抗溶接では、ピンホール発生や溶接後の変形、材料特性の変化などの課題があった。それに対し日立パワーソリューションズのFSW技術とトライエンジニアリングのロボットの制御技術を融合し、複雑な曲面でもアルミなどの薄肉材料を接合できるロボットFSWを共同開発して解決する。

FSWは円柱状の接合ツールを回転させて発生する摩擦熱を利用し被接合材料を軟化させ、かき混ぜることで接合する技術。材料を溶かさず固相接合を行うため接合強度が高く、接合変形や内部欠陥がきわめて少ない接合が可能となる。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る