OKI マルチホップ無線ユニット 日産栃木工場に納入

2015年12月9日

OKIは、日産自動車の栃木工場に、低速移動体に対応した「920MHz帯マルチホップ無線ユニット」を納入した。日産栃木工場は、工場内で稼働する無人搬送車(以下AGV)の遠隔での状態監視・制御を行うシステムの通信手段に同製品を採用することで、従来のシステムに比べて70%の機器・配線コストの削減に成功した。同製品は、マルチホップ無線の特徴を生かし、1対1では直接電波が届かない場所でも周辺の他の子機や、電波状態に応じて設置した中継機を経由して通信が可能。レイアウト変更の多い工場内で電波状態が変化した場合でも、最適な通信経路を自動的に選択して通信を行えるため、信頼性の高い無線通信を実現している。 日産栃…