ワコム 電気設計CAD「ECAD dioシリーズ」 リードタイム削減に貢献

ワコムは、電気制御設計において国内で高いシェアを持つ電気設計CAD「ECAD dioシリーズ」を出展する。中でも注目は設計から部品手配・製造まで、全体のリードタイム削減を実現する「ECAD dio DCX」だ。

DCXは統合型データベースを搭載、データベースに登録された部品情報を設計時に利用できるため、形式や定格などの部品情報入力の手間を削減する。

また、リアルタイムエラーチェックにより誰でも間違いのない図面が作図できるため図面品質が向上するとともに、目視チェックの作業工数削減にも貢献する。

ミスのない図面から手配・製造向けの帳票や加工データを自動作成できるため、データ作成工数を削減した上で正確な情報を設計から後工程に渡すことができる。回路図に修正が発生した場合には外形図や帳票の情報も自動修正されるため、修正工数の削減と修正漏れを防止する。

この結果、これまで回路図と帳票の情報転記ミスなどにより発生していた後工程からの手戻りがなくなり、その分時間やコストを削減できるため、短納期・低コストの実現につながる。

公式サイト>>> http://cad.wacom.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG