本多通信工業 2連モジュラーコネクタ「MOD-Wシリーズ」 FA用イーサネットに最適

本多通信工業は、SCF2015に技術開発中の高精細画像の伝送が可能な次世代高速伝送モジュールと長期信頼性と堅牢(けんろう)性に優れた産業用コネクタを出展する(西4ホール小間番号『S4-32』)。

8K放送の実用化をはじめとする超高画質時代の到来が間近となっている中、映像を送るコネクタ・ケーブルでは、メタル電線以上の長距離・高速伝送、石英ファイバーでは難しい屈曲性などが課題となっている。会場ではメタル電線・石英ファイバー双方の課題を克服する「GI-POFを活用した10Gbps高速伝送の実用化に向けたコンセプトモデル」を紹介する。

産業用コネクタでは、同社独自の構造により静電気対策を強化した新製品の「LAN用RJ-45面実装2連モジュラーコネクタMOD-Wシリーズ」をはじめとした、小型・堅牢・長寿命・耐EMI性のコネクタを紹介する。FA機器や社会インフラ機器などでのロングライフニーズに応えていく。

公式サイト>>> http://www.htkjp.com/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG