国際電業 無線フットスイッチ「TRJB-1W/TRJB-1W-2」 国産初、医療現場でニーズ

国際電業は、国産初の無線フットスイッチとして、単体の「TRJB-1W」、二連式の「TRJB-1W-2」を出展する。医療現場でニーズが高まっている無線式のメリットをPRする。

医療現場では、CT装置、X線装置などの診療・治療装置のケーブルが、医療行為を妨げたり、断線の危険性を高めたりしているため、無線化の要求が多くなっている。

今回の製品はこうした要求に応えるもので、送信部、受信部、充電アダプタで構成され、無線方式にBluetooth方式を採用、電波の信頼性が高く、安心して利用できる。動作範囲は10メートル。

また、無線式による動作確認などの不安を解消するため、フットスイッチとして初のLED表示機能を備え、動作・電池充電・エラーが目視で確認できるようにした。

その他、①フットスイッチを現場で交換できる構造②防水機能IPX8③多連は扇形で足の疲労を軽減-などの特徴がある。

国際電業は、10月からブランドマークを刷新。今年度で64期を迎え、これを節目として今まで以上に海外展開などグローバル化に向け販売ルートを強化し、新商品を投入できるよう開発を加速する。

公式サイト>>> http://www.kdengyo.co.jp/

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る