国際電業 無線フットスイッチ「TRJB-1W/TRJB-1W-2」 国産初、医療現場でニーズ

2015年12月2日

国際電業は、国産初の無線フットスイッチとして、単体の「TRJB-1W」、二連式の「TRJB-1W-2」を出展する。医療現場でニーズが高まっている無線式のメリットをPRする。 医療現場では、CT装置、X線装置などの診療・治療装置のケーブルが、医療行為を妨げたり、断線の危険性を高めたりしているため、無線化の要求が多くなっている。 今回の製品はこうした要求に応えるもので、送信部、受信部、充電アダプタで構成され、無線方式にBluetooth方式を採用、電波の信頼性が高く、安心して利用できる。動作範囲は10メートル。 また、無線式による動作確認などの不安を解消するため、フットスイッチとして初のLED表示…