本多通信 10G高速伝送モジュール 高い屈曲性も実現

2015年12月2日

本多通信工業(佐谷紳一郎社長)は、GI-POF(次世代高速プラスチックファイバー)で10Gbpsの高速伝送を実現できるコネクタとケーブルのコンセプトモデルを開発した。来年1月からサンプル提供を開始し、2020年度に年間10億円の売り上げを計画している。 コンセプトモデルのケーブルは、慶応大学のフォトニクス研究を中核とした産学官連携プロジェクト「FIRST」の成果から生まれたもので、これに同社のファイバー切断技術とコネクタ技術を融合して開発した。 GI-POFは、メタル電線では難しい長距離・高速伝送と、ガラス(石英)ファイバーでは難しい屈曲性を両立させているのが大きな特徴となっている。 50メー…